ごあいさつ

当FNP動物病院は、昭和50年6月10日に水呑町に開院し、平成18年3月22日現地に移転しました。
(社)日本獣医師会の会員であり、
・日本小動物獣医師会
・獣医麻酔外科学会
・日本獣医循環器学会
・日本獣医臨床病理学会
・日本野生動物医学会
・ヒトと動物の関係学会
・動物臨床医学会
・日本レイザ-獣医学研究会
・エキゾチックペット研究会
その他の学会に所属し、日々精進しています。
病院と飼い主様、そしてスタッフ同士のコミュニケーションを密にとり、決め細やかな対応、診察、管理をおこなっております。
診察対象は家族動物である犬、ねこ、うさぎ、小鳥、フェレット、ハムスター ・・・等です。
最近は家族動物も多種多様になり、獣医学的知識や研究の進歩により病気も以前より増え、それにより治療法も選択肢が多くなりました。
当院では、飼い主様の考え、家族動物・ペットの状況などを考慮しながら最善の方法を選択して、治療方針を立てるようにしています。
また各種動物、病気の専門分野のエキスパートの先生方や大学病院、検査センターと提携して2次診療、セカ ンドオピニオン等の紹介もしています。
病気にはならないのが一番ですが、もしかかったとしても早期発見、軽病であれば負担は 最小限で済みます。
そのための予防医学としてワクチン接種や各種予防薬、定期的な検査(レントゲンやエコー、血液検査 等)の重要度も増してきていますので、その方面にも力を入れて います。
また、ペットのしつけができなくて困っている方も増えてきていますので、その手助けが できるような指導もしています。
永い お付き合いができる動物病院として、スタッフ一同がんばっていきたいと思っております。
よろしくお願い致します。